長野県(信州)で充実した時を過ごすためのサイト

シナログ

お店 グルメ 日帰り温泉 温泉 道の駅

道の駅あおき(長野県青木村)で車中泊!温泉や食事、駐車場は?タチアカネとは?怖い話に注意…!?

更新日:

こんにちは、ずくなしです!

今回は道の駅あおき(長野県小県郡青木村)を大特集します!

長野県小県郡(ちいさがたぐん)青木村とは、上田市の隣にある静かな村なのですが、こちらの道の駅あおきで「車中泊」は可能なのでしょうか!

駐車場などを調べてみたいと思います!

また、道の駅を訪れたら外せない「温泉」「食事」の情報も要チェック!

旅のグルメとリラックスについて、網羅していきます!

最後に噂になっている「怖い話に注意」についても、確認しておりますので、ぜひ最後までお読みください!

 

道の駅あおきでの食事は?タチアカネとは?

それではまずは、グルメ情報からみていきましょう。

こちらの道の駅あおきのお食事処は「味処 こまゆみ」といいます。

名前の由来は地元青木村の名峰「子檀嶺岳(こまゆみだけ)」からとられています。


出典:twitter

 

平成29年11月1日に「リニューアルオープン」していますので、施設はとってもきれいです。


出典:公式サイト

 

でも肝心のメニューはどうなのでしょうか!

定食やラーメン、カツ丼といった定番メニューも楽しめますが、おすすめしたいのは「そば」です。

こちらの「そば」はすべて地元青木村で作られた特産「タチアカネ」を石臼で挽いたものになっています!

タチアカネとは、平成21年度に農水省から「農林認定品種」に指定された青木村オリジナルの「ブランドそば」です。

そばが名産品の長野県の中でも、限られたお店でしか食べることができないので、とっても貴重です!

そばのメニューの中でも特に人気なのが「天ざる」です。

 


出典:Instagram

 

タチアカネのそばに加え、地元で取れた新鮮な野菜の天ぷらを同時に楽しむことができます!

まさに「一石二鳥」ですね!!

 

その他にも青木村では「松茸」も特産品の一つなので、「松茸ごはん」などもメニューに並んでいます!

こちらもお手頃な値段で楽しむことができるのでとってもオトクですね。

(例:お吸い物付き松茸ご飯 1,300円  松茸ご飯&天ぷらセット 2,000円)

 

営業時間は午前11時から午後14時半まで。

定休日はありませんが、ランチタイムのみの営業になっているので注意して下さい!

また冬季は時間が30分短くなり14時までの営業となります。

でも「ソフトクリーム」だけは、16時半まで注文することができますので、デザートにいかがでしょうか!

 

道の駅あおきの温泉はどう?

次に「温泉」をチェックしていきましょう。

ほとんどの道の駅の施設がそうであるように、こちらの道の駅あおきには温泉施設は併設されておりません。

そこで青木村周辺の「日帰り温泉」施設をいくつかご紹介したいと思います。

夏の汗とさっぱりと、冬の冷えた体を温めてくれる温泉施設はこちらになっております。

 

田沢温泉 有乳湯(うちゆ)


出典:LINEトラベル

 

硫黄臭がほのかにあり、この温泉に浸かると乳の出が良くなると言われていることから、この名前が付いた、女性に評判の温泉です!

営業時間は6時から21時半と長い時間営業しています。

車中泊後の「朝風呂」なんていうのもいいかもしれませんね!

料金は大人200円、子供100円と激安価格です!

しかも定休日がないのも安心です。

まさに地元の方と切っても切れない温泉ですね。

 

道の駅あおきからは「車で10分」の距離になっています。

 

沓掛温泉 小倉乃湯(くつかけおんせん おぐらのゆ)


出典:青木村

 

通常の営業時間は9時から21時ですが、6月から8月までの夏のシーズンのみ7時オープンしているのが嬉しい「小倉乃湯」

定休日は火曜日ですが、祝祭日の場合は営業しています。

また、料金は田沢温泉 有乳湯と同じ、大人200円、子供100円。

青木村の温泉は良心的ですよね~。

道の駅あおきからは車で約10分の距離になっています。

 

くつろぎの湯


出典:青木村

営業時間は10時から20時半まで

料金は大人300円、こども200円と、先の2つの温泉に比べるとやや高めですが、全国的にはリーズナブルな価格設定です。

定休日は月曜日で祝祭日の場合は翌日休業になります。

また、「こだからの湯」としても有名のようです。

道の駅あおきからは車で5分の距離です。

 

青木村には、道の駅あおきから近くてリーズナブルな日帰り温泉施設がたくさんありますね。

しかもそこまで混んでいない温泉ばかりなので、温泉好きにはたまらない環境です!

 

道の駅あおきでの車中泊をチェック 青木峠にまつわる怖い話も!

それではいよいよ、道の駅あおきでの車中泊をチェックしていきましょう。

こちらの道の駅あおきの目の前を走る道路は「国道143号線」となっていますが、夜はもちろん、昼も100番台国道の割に車が通っていません。

交通量の心配は少なく、夜も静かで過ごしやすいです。

やはり、交通量が多いと深夜に車の走行音などがうるさくなるので、安心ですね。

 

でも、駐車場は普通車32台、大型車6台、身障者用1台と決して広くはありません。

車が止められない心配は少ないと思いますが、駐車スペースにこだわりのある方は注意したほうが良いかもしれません。

なんとEV充電施設も完備しています。


出典:青木村

 

ちなみにトイレは「きれいで清潔」という情報があります。

女性などにも安心ですね。

 

ここまでの情報ですと、車中泊に関しては快適に過ごせる施設のようですね。

でも、夜中騒いだり、キャンプ場のように使うのは厳禁です!

椅子やテントを駐車スペースに広げたりするのは持ってのほかです。

最低限のマナーを守って利用して下さいね~。

 

最後に道の駅あおきにまつわる「怖い話」を一つ。

こちらの道の駅あおきから国道143号で松本方面に抜けるには、「青木峠」や細い山道を通らなければなりません。

その山道のトンネルには「幽霊」や「おばけ」がでるという地元の噂になっています!

(少なくとも私が松本市に住んでいた時には、周りでそんな話がありました)

これは峠付近にある2つのトンネルが薄暗くて(というかトンネル内に照明が全くなくて)不気味ということが関係していると思われます。

 

こういった怖い話や肝だめしが好きな方は、逆におすすめかもしれませんが(笑)、夜でかけたり、また、道の駅への到着が夜になるときには注意が必要かも!?

あくまで「うわさ」レベルではありますが、苦手な方は活動するのは「日中」をおすすめします!

※ ↑ これでも国道です

 

ちなみに私はバイクで走っていて、このトンネルを抜けたら勢いよく転倒しました。

「まさか幽霊の呪いなのか…!?」

と相当パニックになりましたが、オチはと言うと、季節が冬でトンネルを出たところが路面凍結していたからです(笑)

雪まみれの道路をオフロードバイクで走っていた私がバカ者だったんですけどね…。

 

ちなみに青木村・上田市と松本市を行き来するには、多くの方はこの国道143号の南側にある国道254号を使用します。

途中通る三才山(みさやま)トンネルは有料ですが、とにかく道路状況が良いので、所要時間も疲労度も段違いに国道254号のほうが良いです。

 

まとめ

ここまで、道の駅あおきについての情報をまとめてお送りいたしました!

・お食事処は「味処 こまゆみ」

・ブランドそば=タチアカネや名産品の松茸を使ったメニューが楽しめる

・温泉施設は併設されていないが、青木村内車で5分の距離にリーズナブルに楽しめる日帰り温泉施設が複数ある

・国道143号線にあるが、夜中は静か

・夜の車での外出は要注意!おばけに遭遇するかも…(ウソ)

それでは皆さん、セーフティドライブでおでかけになって下さい!

ここは穴場だと思います。

 

スポンサードリンク

-お店, グルメ, 日帰り温泉, 温泉, 道の駅
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© シナログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.