グルメ 名物 日帰り温泉 温泉 観光 道の駅

道の駅南アルプスむら長谷(伊那市)で車中泊!パンやのクロワッサンが大人気!

今回は信州の山間にある道の駅「道の駅南アルプスむら長谷」(伊那市長谷)に注目したいと思います。

登山者もよく訪れるこちらの施設、登山の前泊も含めた車中泊はどうなのでしょうか?

また、こちらの施設のうち、大人気で時には予約しないと買えないこともある、美味しい「パンやクロワッサン」とは…??

気になる方はぜひ、ぜひ最後までお読みください!

 

道の駅南アルプスむら長谷のご紹介

道の駅南アルプスむら長谷長野県伊那市(旧長谷村)にあります。

詳しい住所は長野県伊那市長谷非持1400番地、国道152号線沿いにあります。

 

東京からの場合には中央道を利用して伊那インターで降り、約3時間半の道のりです。

休日のドライブにぴったりの距離感ですね。

 

この場所は登山のメッカ、南アルプス登山口のふもとにもなるので、

ドライブする方だけでなく、登山者の方も多く立ち寄ることも多いようですね。

 

道の駅に登録されたのは1997年4月11日になります。

約20年以上の歴史があるんですね~。

4月から11月は無休で営業しています。

12月から3月は火曜日がお休みになるので注意が必要ですね。

地元特産品や先ほどご紹介した予約するほど人気のものは後ほどご紹介しますが、まずは雄大な自然を楽しみましょう!


出典:南アルプスむら パンや

 

のどかな景色ですね~。

リラックス、そして癒されちゃいそうです。

 

また、すぐ目の前には絶景スポットの「美和湖」「美和ダム」(みわダム)もあるので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

なんだかすごい色ですね~!


出典:じゃらん

 

道の駅の施設としてはm駐車場も完備。

温泉施設はありませんが、「野もの」というレストランがあります。

こちらではカレーやパスタを中心に楽しむことができるようです。

基本的に地元産の食材を中心に扱っているので、長野の味をばっちり楽しむことができます!

でもさらに、とっても人気の予約しないと食べられない⁉名物があるんです。

この後でご紹介しますね。

 

道の駅南アルプスむら長谷のパンやが評判!焼きたてのクロワッサンが最高!

さあ、お待たせいたしました。

ここでしか食べられない「名物」のご紹介です。

それは「パン」です!

こちらの施設、南アルプスむらパンやでは、焼きたてのパンが大好評なんです!


出典:南アルプスむら パンや

どれもとっても美味しそうですね~。

 

その中でも特に評判なのが「ミニクロワッサン」です。

写真を見るだけでサクッという音が聞こえてきそうです!


出典:南アルプスむら パンや

 

だからとっても人気なので確実に手に入れたい場合は「予約」かおすすめなんだとか。


出典:Instagram

 

せっかく訪れたのに売り切れ…なんて悲しいことにならないように予約することをおすすめします!

一部の噂ですが、休日は予約なしで手に入れるのはほぼ不可能なんだとか…。

これは絶対に気になっちゃいますよね!

 

こちらの営業時間は朝の8時から夕方17時半までです。

お休みは火曜日(祝日の場合は翌日)なのでこちらも注意してくださいね。

このクロワッサンだけを目当てに訪れる人も数多くいらっしゃいます。

ぜひ一度ご賞味ください!

 

道の駅南アルプスむら長谷で車中泊はできる?

ここからは南アルプスむら長谷での車中泊について確認してみましよう。

南アルプスむら長谷の駐車場のスペックを確認してみましょう。

普通車は93台、大型車2台、障碍者用は5台となっています。

広大とは言えませんが、比較的駐車スペースには余裕のある道の駅といえるのではないでしょうか。

ちなみに道の駅の国道を挟んで正面にある大きな駐車場は老人ホームですので、こちらに駐車しないようにしてください。


出典:Google Map

 

また、大切な車中泊に大切な「トイレ」ですが男性=大×2、小×4、女性=4、障碍者用×1となっています。

こちらのトイレはすべて24時時間使うことができるので、車中泊の時にも安心です。

また、南アルプスむら長谷と国道152号線を挟んである「南アルプス公園」にも、トイレと駐車場があり、車中泊が大変しやすい環境になっています。

結構充実しているんですね。

 

でも残念なのが日帰り温泉施設がないこと。

お風呂やシャワーをすることができないので、暑い夏などは、近くの温泉施設などを利用しましょう。

信州高遠温泉 さくらの湯」など、日帰り温泉はすぐ近くにありますのでそちらへ!

 

また、夜になれば交通量は非常に少なく、大変静かな環境になっています。

国道152号線の南に位置する分杭峠は狭い峠で、峠を越えても大鹿村という小さな村なので交通量は少ないです。

しかも分杭峠は冬には通行止めとなってしまいます。

 

目の前の道路の交通量が少ない道の駅、まさに車中泊にはうってつけなんですね~。

それでもマナーはきちんと守りましょう。

最近では車中泊をする人のマナーの悪さがテレビで報道されたりしているので、注意が必要です。

決して近隣住民の方や、他の車中泊の方の迷惑にならないように!注意したいですね。

 

まとめ

ここまで、道の駅南アルプスむら長谷についておとどけしてまいりました。

ぜひ次のお休みのタイミングで、南アルプスの絶景と、おいしいクロワッサンを楽しんではいかがでしょうか!

車中泊まで検討されている方は、環境はとってもよいですが、利用マナーには十分に注意してくださいね!

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました。

-グルメ, 名物, 日帰り温泉, 温泉, 観光, 道の駅
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 シナログ Powered by AFFINGER5